2016川崎フロンターレ展

アートギャラリー   2016年12月17日-2017年01月15日

今年、クラブ創立20周年を迎えた川崎市をホームタウンとするサッカークラブチーム『川崎フロンターレ』の2016年の戦いの軌跡を、オフィシャルカメラマンによる試合写真を中心に、バラエティに富む内容で紹介し、その魅力をお伝えします。

◆アートギャラリー1
◇フロンターレ写真展
クラブオフィシャルカメラマン大堀優氏によって厳選された迫力のある写真で、2016シーズンを振り返ります。また、展示写真のパネル加工販売を今年も実施します。

◆アートギャラリー2 
2017年度川崎フロンターレ後援会会員限定エリア
◇プレミアムギャラリー
今年、日本代表に選出された選手たちのユニフォームや、全選手の使用済みのスパイクの展示の他、毎年好評のオリジナル映像コーナーなど、プレミアムな空間となっています。

◆アートギャラリー3
◇フロンターレギャラリー
今シーズン行った各種スタジアムイベントや下部組織のアカデミー、復興支援活動のMind-1ニッポンプロジェクトなど、フロンターレがぎっしり詰まったギャラリーです。クラブ創立20周年を彩る内容になっています。また「出張!フロンパークイベント」と題して、様々な参加型のイベントを開催します。

展示期間中の関連イベントの情報や後援会会員限定エリアへの入場方法は川崎フロンターレホームページでご確認ください。

【同時開催】
▶「ふろん太くん似顔絵展」
▶「わたしの川崎フロンターレ」フォトコンテスト
会 場:3階 ミュージアムギャラリー
主 催:川崎フロンターレ連携・魅力づくり事業実行委員会
※フォトコンテスト作品については展示スペースの関係上、一部作品になる場合がございます。ご了承下さい。

【お知らせ】
1月8日(日)の「新春書き初め!現役行司による相撲文字教室」が、1月9日(月・祝)「新春書き初め!寄席文字教室」に変更になりました。
開催予定のイベント詳細は下記チラシでご確認いただけます。
2016フロンターレ展 チラシ(frontale2016.pdf 2.246kb)

2016川崎フロンターレ展

会場
アートギャラリー
期間
2016年12月17日-2017年01月15日
休館日
毎週月曜日(1月9日は開館)12月29日(木)~1月3日(火)、1月10日(火)
観覧料
無料
主催
川崎フロンターレ・川崎フロンターレ後援会
特記事項
共催:川崎市市民ミュージアム