「描く!」マンガ展 ~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~

   2016年07月23日-2016年09月25日

「風と木の詩」©竹宮惠子
「すこしだけ片想い」©陸奥A子
「ローゼンメイデン」©PEACH-PIT

「描く」「人に見せる」「たのしむ」という、マンガの本質的な営為に着目し、優れたマンガ家たちの卓越した作画技術を紹介するとともに、その時代背景をさまざまな視点から見つめ直します。

◆出品作家:
赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫、藤子不二雄Ⓐ、水野英子
あずまきよひこ、さいとう・たかを、島本和彦、竹宮惠子、平野耕太、PEACH-PIT、陸奥A子、諸星大二郎

『描く!』マンガ×なかよし60周年

☆『描く!』マンガ展×なかよし60周年:
創刊60周年を迎えた少女マンガ雑誌『なかよし』とのコラボレーションで、歴代表紙パネルやふろくを展示。お絵描き体験コーナーも同時開催!

◆展示スケジュール:
○前期:7月23日(土)~8月21日(日)
○後期:8月23日(火)~9月25日(日)
一部作品の展示替えを行います

★リピーター割引:
本展の半券提示で、2回目の観覧料が通常料金の半額になります。
1回限り有効。他割引との併用はできません。

「描く!」マンガ展 ~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~

期間
2016年07月23日-2016年09月25日
休館日
毎週月曜日(9月19日は開館)、9月20日(火)、23日(金)
観覧料
一般 800円(640円)
学生・65歳以上 600円(480円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催
川崎市市民ミュージアム
特記事項
後援:朝日新聞川崎支局、NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、かわさきFM(79.1MHz)、産経新聞社横浜総局、tvk(テレビ神奈川)、東京新聞川崎支局、毎日新聞川崎支局、読売新聞川崎支局
監修:伊藤剛(マンガ評論家・東京工芸大学マンガ学科教授)
監修アシスタント:三輪健太朗(マンガ研究者・東京工芸大学)
企画協力:アートプランニング レイ、手塚プロダクション
特別協力:NPO法人 熊本マンガミュージアムプロジェクト、株式会社ボークス、講談社、集英社、小学館、少年画報社、スクウェア・エニックス、GG7、ムービック、有限会社トランキライザープロダクト、よつばスタジオ、リイド社、pixiv
企画協賛:東京工芸大学マンガ学科、京都精華大学、株式会社セルシス、株式会社ワコム、デリーター株式会社、コミPo!
特別協賛:コミックマーケット準備会、有限会社ねこのしっぽ