曽谷朝絵 Colorings

開催予定
 / 2024年08月03日-2024年08月16日

曽谷朝絵は、日常で出会う色と光から着想を得て、身体感覚を呼び覚ますような作品を制作してきました。川崎市市制100周年を記念する本展では、絵画とインスタレーションが展示されます。参加型インスタレーション「もりのいろ」では、曽谷の植物の線画のシールに、来場者が自由に色を塗って白壁に貼り重ねていきます。シールは市内の様々な施設にも配布し、塗られたものも貼られます。会場にいる人といない人の塗り絵が合わさって、それぞれの色を映した巨大な万華鏡のような森が、会期を通して生成されてゆくのです。さらに、曽谷の水彩がアニメーションとなって空間に投影される映像インスタレーションや、油彩画、アクリル画など彼女の全ての作品の源流としての絵画が展示されます。タイトルの「Colorings」には、「色を塗る」と「色の輪」の両方の意味があり、まさに色によって人が繋がり、いくつもの輪が生まれるような展覧会となることでしょう。

 

展覧会概要

川崎市市制100周年記念展
曽谷朝絵 Colorings

会期   2024年8月3日(土) ~ 8月16日(金)
     ※8月5日(月)、8月12日(月・祝)は休館
開場時間 10:00 ~ 17:00(最終入場16:30)
会場   アートガーデンかわさき
観覧料  無料

主催   川崎市市民ミュージアム
共催   公益財団法人 川崎市文化財団
協力   西村画廊、株式会社中川ケミカル、東海大学資格教育センター/松前記念館

 

左:《Night Garden》2023, acrylic on paper on panel, 53×53cm
右:《Windy forest》2024, oil on cotton on panel, 53.5×46cm

 

 

作家略歴

曽谷朝絵 Asae Soya

2006年東京藝術大学大学院博士後期課程美術研究科にて博士(美術)取得。絵画とインスタレーションの両面で制作を続けている。2001年「昭和シェル石油現代美術賞」グランプリ、2002年「VOCA展2002」VOCA賞(グランプリ)、2013年「横浜文化賞文化・芸術奨励賞」、「神奈川文化未来賞」他、受賞多数。2013年には水戸芸術館で大規模な個展を開催。2022年にスパイラルガーデンにて個展開催など全国で発表多数。東京、ニューヨーク、西安(中国)などで展覧会やパブリックアート制作。2024年には初の彫刻作品のパブリックアートを横浜で発表。2014年文化庁在外研修員としてニューヨークに、2018年TOKAS2国間交流事業派遣クリエイターとしてバーゼルに派遣される。作品集「曽谷朝絵 宙色」を青幻舎にて刊行。川崎市ゆかりの美術家である。

 

関連イベント

◆ワークショップ「もりのいろ」
市民や来場者が花をモチーフとした曽谷の線描に色を塗り、会場に設置した壁に貼り付けるワークショップです。
参加者それぞれの色が重なりあって、大きな森が生まれます。

期間:2024年8月3日(土)~8月16日(金)
   ※8月5日(月)、8月12日(月・祝)を除く開場時間内
場所:アートガーデンかわさき
対象:どなたでも(参加無料・申込不要)

 

ワークショップ「もりのいろ」イメージ

 

◆アーティストトーク
作家本人が自身の作品についてお話しします。

日時:2024年8月3日(土)16:30 ~ 17:00
場所:アートガーデンかわさき
対象:どなたでも(参加無料・申込不要)

 

会場案内

アートガーデンかわさき

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区駅前本町12-1 タワー・リバーク3F
・JR川崎駅北口東より徒歩2分、又は中央東口より徒歩3分
・京急川崎駅より徒歩2分

 

 

JR川崎駅「北改札」を出て右手側に直進、階段を下りて左手に向かうと、タワー・リバーク内に直結しています。奥のエスカレーターで3Fに昇ると会場に行き着くことができます。
※エレベーターをご利用の場合は、階段横のエレベーターで一度地上に出てから、タワー・リバーク内にお入りください。

曽谷朝絵 Colorings

期間
2024年08月03日-2024年08月16日