市制90周年記念 近代川崎人物伝

企画展示室2   2014年06月07日-2014年08月24日

初代川崎市長 石井泰助氏
細王舎製 足踏脱穀機 昭和初期

平成26年、川崎市は市制90周年を迎えます。近代以降、川崎は産業都市として発展してきましたが、それは川崎に生れ育ち、また川崎を愛しその発展を願った多くの先人たちの努力によるものと言って過言ではないでしょう。そこで本展では、政治・産業・文化・地域振興などの各分野で近代川崎の発展の礎を築いた人々にスポットをあて、近代川崎の姿を人物からひも解き紹介します。

-紹介する人物-

○石井 泰助 初代川崎市長、産業都市の礎を作る
○安藤 安 丸子橋の架橋に尽力するとともに地域発展に貢献
○池上 幸操 県会議員、自由党員として民権運動で活躍
○上田 忠一郎 県会議員、自由党員として民権運動で活躍、地域の文化的中心者
○井田 文三 県会議員、改進党員として民権運動で活躍
○鈴木 久弥 県会議員、自由党員として民権運動で活躍 地域教育に貢献
○森 安治郎 初代川崎市会議長、地域の発展に貢献
○岡 重孝 医師として地域医療に貢献、村長なども歴任して地域発展に貢献
○平川 平五郎 泉田二君(小泉次大夫、田中休愚)の顕彰に尽力
○美須 鐄 元祖・映画の街川崎を作る
○箕輪 政次郎・亥作・嘉男 三代にわたり細王舎を経営、農機具のトップメーカーとなる

市制90周年記念 近代川崎人物伝

会場
企画展示室2
期間
2014年06月07日-2014年08月24日
観覧料
一般 500円
学生・65歳以上 400円
中学生以下 無料
主催
川崎市市民ミュージアム
後援
朝日新聞川崎支局・NHK横浜放送局・神奈川新聞社・かわさきFM(79.1MHz)・ 産経新聞社横浜総局・東京新聞川崎支局・日本経済新聞社川崎支局・毎日新聞川崎支局・読売新聞川崎支局(五十音順)
協力
株式会社 チッタ エンタテイメント