岩合光昭写真展 ねこづくし

開催予定
企画展示室1、アートギャラリー1・2・3 / 2019年04月23日-2019年06月30日

花の陰からふわりと現れたかと思えば、くるりと身を翻し視界から消える。小さく儚い存在でありながら、飄然(ひょうぜん) として逞しく生きる猫たちの何気ない一瞬をとらえた岩合光昭の写真は、多くの人々の心を惹きつけてきました。
本展では「島の猫」、「神奈川のネコ」、「やきものの里のネコ」シリーズを中心に、岩合が日本各地で出逢った猫たちの写真、約210点が会場を彩ります。「島の猫」シリーズの作品がまとめて公開されるのは本展が初めての機会となります。動物写真家として半世紀にわたり、ひたむきに猫に向かい続けた岩合の「ねこづくし」の世界をご堪能ください。

写真:©Mitsuaki Iwago

*5月6日(月・振休)には岩合光昭トークショー&サイン会を予定! 詳細は決まり次第お知らせいたします。


【岩合光昭(いわごう みつあき)プロフィール】

動物写真家。1950年、東京都生まれ。20歳のときに、動物写真家の父・岩合徳光に同行したガラパゴス諸島にて、大自然に圧倒されたことが契機となり写真家を志す。1979年には『海からの手紙』で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。世界的グラフ雑誌『ナショナルジオグラフィック』の表紙を飾るなど、国外からも高い評価を 得た。近年は、南アメリカの大湿原パンタナルの野生動物をモチーフに撮影を行っている。
またこうした野生動物の写真だけでなく人々の暮らしの傍らで生きる猫の写真も人気が高く、2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の放送が開始、猫の写真展も日本各地で開催されている。2019年には初映画監督作品『ねことじいちゃん』が公開されるなど、活動の幅をさらに広げている。
写真:©Iwago Photographic Office





【同時期開催 コレクション展予告】
Zoo(ずーっ)とArt( あーと) 色とカタチのどうぶつ展


2019年4月13日(土)~6月30日(日) 企画展示室2
観覧料:一般200円(160円)、中学生以下無料 ※()内は20名以上の団体料金。 ※岩合光昭写真展の観覧券購入者は無料。

本展では当館所蔵の美術作品の中から、どうぶつが描かれた近現代のポスター、漫画、版画作品を「リアル」、「デザイン」、「コミカル」の3つの視点から紹介します。同じ種類のどうぶつの絵でも、描き方やアプロ―チによって、色も形も違う十人十色の作品として表現されています。作家たちはどのような意図からどうぶつをモチーフとして選び、描き分けているのでしょうか。その違いを感じ取り、親子で楽しく鑑賞していただける展覧会となっています。
また、こうした様々な表現をご覧いただきながら、どうぶつを数多く描いたフランスのグラフィックデザイナー、レイモン・サヴィニャックにも焦点を当て、その作品をまとめて紹介します。




岩合光昭写真展 ねこづくし

会場
企画展示室1、アートギャラリー1・2・3
期間
2019年04月23日-2019年06月30日
休館日
毎週月曜日、5月7日(火)※ゴールデンウィーク期間(4月27日~5月6日)は休まず開館
観覧料
一般 800円(640円)
学生・65歳以上 600円(480円)
中学生以下 無料
*()内は20名以上の団体料金。*障害者手帳等をお持ちの方およびその介護者は無料。
主催
川崎市市民ミュージアム
特記事項
協力=岩合写真事務所 企画協力=M&M Color