かわさき史跡めぐり ―川崎市電の痕跡を探る―

イベント
2019年03月21日-2019年03月21日
かわさき史跡めぐり ―川崎市電の痕跡を探る―

1969 年に廃止された川崎市電、現京浜急行電鉄の前身である大師電気鉄道の痕跡を探し、全国で一例目の戦略的新駅(※)であるJR南武線の「小田栄駅」をはじめ、東海道貨物線、桜川公園の市電保存車両など川崎にまつわる鉄道を見学します。
写真:「桜本町にて」川崎市市民ミュージアム蔵

(※)戦略的新駅とは、JR東日本と自治体が連携して、駅とまちづくりの連携や利便性向上、利用拡大を目的に設置された駅。JR南武線の「小田栄駅」は2016年3月に開業した。

  • 日時:2019年3月21日(木・祝)9:30~13:30
  • 場所:川崎区周辺(集合:JR尻手駅改札外)
  • 対象:どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
  • 定員:15組
  • 参加費:500円(お釣りが出ないようにご用意ください)+交通費(別途実費)
  • 講師:当館学芸員、路面モジュール連絡会・T-Trak Network
  • 申込:事前申込制(応募多数の場合は抽選)
  • 2019年3月7日(木)まで申込フォームにて受付。
    結果は3月14日(木)頃までにお知らせします。

*開始時刻が[10:00]から[9:30]に変更となりました。また、集合場所が[JR川崎駅]より[JR尻手駅]に変更となりました。(2019.02.20追記)
*お申し込みの際は、講座・イベント名に「かわさき史跡めぐり」とご記入のうえ、お申し込みください。

※小雨決行。荒天中止の場合は3月23日〈土〉に延期。
※必要に応じて飲み物・軽食等をご持参ください(昼食時間は設けません)。