ミュージアムガイド

博物館展示室

宮内村麁絵図(明治6年)
マンスリー展示
江戸時代の宮内村
開催中

中原区宮内地区は、江戸時代は宮内村という一つの村でした。新たに発見された宮内村の古文書から、村の運営や他村との関わりについて紹介します。

博物館展示室マンスリー展示コーナー
2016年08月27日-2016年09月30日

民俗

多摩川沿いの農村では、稲作を中心とした生活が営まれてきました。ここには、そうした村の生活の様子のなかから、年中行事や祭り、講のほか稲作の道具などを取り上げて展示しています。

民俗
民俗

原始

ここでは市域の遺跡のなかでも旧石器時代から弥生時代までの出土品を展示しています。
また子母口貝塚から剥ぎ取った実際の貝層も見られます。当時の生活や時代ごとの変化を見ていただくことができます。

原始
原始

古代

古墳時代から平安時代にかけての資料をご覧いただけます。様々な出土品のほか、市内にある馬絹古墳の石室を縮小した模型や、橘樹郡家推定地である伊勢山台遺跡周辺のジオラマなどもご覧いただけます。

古代
古代

中世

当時川崎にあった荘園に関する文書を展示しています。また供養のために立てられた石碑など信仰に関する資料もご覧いただけます。

中世
中世

近世

江戸時代の川崎とそこでの暮らしに関する資料を展示しています。これらの資料やジオラマを通じて、山や海辺に暮らした人々の生活や、宿場町である川崎宿の様子などをご覧いただけます。

近世
近世

近現代

《特集展示》伝染病と地域政治 8月20日(土)~11月18日(金)
明治時代にはコレラやペストなど様々な伝染病が流行し、多くの人々が苦しめられました。川崎地域における被害や対応の様子を所蔵資料からふり返ります。

近世
近世