ミュージアムガイド

博物館展示室

小杉村絵図(宝暦12年)安藤家寄託資料
マンスリー展示
徳川将軍菩提寺と川崎 ―増上寺領の村々―
開催中

江戸時代、市域には徳川将軍菩提寺である増上寺が支配する村が散在していました。下平間村・小向村・小杉村などの村々に残された資料から、増上寺領の村々の特色に焦点を当てます。

博物館展示室マンスリー展示コーナー
2016年11月26日-2016年12月28日

民俗

多摩川沿いの農村では、稲作を中心とした生活が営まれてきました。ここには、そうした村の生活の様子のなかから、年中行事や祭り、講のほか稲作の道具などを取り上げて展示しています。

民俗
民俗

原始

ここでは市域の遺跡のなかでも旧石器時代から弥生時代までの出土品を展示しています。
また子母口貝塚から剥ぎ取った実際の貝層も見られます。当時の生活や時代ごとの変化を見ていただくことができます。

原始
原始

古代

古墳時代から平安時代にかけての資料をご覧いただけます。様々な出土品のほか、市内にある馬絹古墳の石室を縮小した模型や、橘樹郡家推定地である伊勢山台遺跡周辺のジオラマなどもご覧いただけます。

古代
古代

中世

当時川崎にあった荘園に関する文書を展示しています。また供養のために立てられた石碑など信仰に関する資料もご覧いただけます。

中世
中世

近世

江戸時代の川崎とそこでの暮らしに関する資料を展示しています。これらの資料やジオラマを通じて、山や海辺に暮らした人々の生活や、宿場町である川崎宿の様子などをご覧いただけます。

近世
近世

近現代

《特集展示》川崎のくだもの 11月19日(土)~2017年1月15日(日)
川崎は長十郎梨の発祥の地として知られています。名産の梨を中心に近現代のくだものの生産の様子について所蔵資料から振り返ります。

近世
近世