アートとはなんでしょうか? 芸術作品のありようが様々に変化していく現代において、その答えを出すことはますます難しく感じられるようになりました。本展では、今日、芸術が純粋に「私」を表現したものとしてではなく、 「私」以外の他者、場所、時間といった取り巻く現実との関係性によって生み出されるものへと変容してきたことに注目し、その潮流を色濃く映し出す6人の若手作家を紹介します。

参加作家はそれぞれ多種多様な表現方法で作品を創り出していますが、取り囲む現実との「間(はざま)」=「&(アンパサンド)」に意識的な点で共通しています。他者とのコミュニケーションの編集という手法により作品制作を行うアベキヒロカズ(1979-)の多様なグラフィック作品、文字のスペーシングを通してレイアウトにおける視覚的な法則性を探求した大原崇嘉(1986-)の映像作品、お香やろうそくなどもろく壊れやすい身近な素材を用いて会場の環境に合わせたインスタレーションを行う木戸龍介(1984-)の作品、古典的な写真印画技法であるプラチナ・プリントを現代に再現し、人と自然との関係性を問いかける桑田恵里(1990-)の写真作品、本展に合わせてアートとアニメーションの関係性をテーマにしたぬQ(1987-)の新作アニメーション、色彩理論を応用しイメージの「見え」の強さから画面を再構成する柳川智之(1985-)の作品など、様々なジャンルの作品が会場に展開します。

会期中には、作品展示だけでなく、作家を講師としたワークショップやイベントを多数開催します。 「あなた」が参加することによって生まれる新たな「&」を、ぜひ体験しに来てください。

 

関連イベント

作家によるワークショップ

展示室内に常駐している出品作家と気軽にコミュニケーションをとりながら作品作りや制作体験ができます。 ※要観覧券。事前申込不要。

アベキヒロカズ 「かんたん!じぶんロゴバッジ屋台」|協力=株式会社竹尾

展示室前にロゴバッジ屋台が出現!あなただけのロゴマークをデザインし、オリジナル缶バッジをつくろう。

8/20[土]、8/21[日]、9/3[土]、9/19[月・祝]、9/22[木・祝]、9/25[日] 10:00-12:00/14:30-16:30 @2F アートギャラリー3 ※各回先着20名

大原崇嘉 「《Numerics》制作プロセスを体験」

あなたが指定した文字を素材にして、文字同士の心地よい距離感をディスプレイ上で体験するワークショップです。

8/27[土]、8/28[日]、9/10[土]、9/19[月・祝]、9/24[土]、9/25[日]10:00-12:00/14:30-16:30 @2F アートギャラリー2 ※各回先着10名

木戸龍介 「《White Rain》(川崎編)に参加しよう」|協賛=株式会社LIXIL

参加者一人一人がロウソクのロウを垂らして大きな川崎の地図の彫刻をつくっていきます。

※このワークショップでは火気を使用します。スタッフの補助がつきますが火の取り扱いには十分ご注意ください。

※小学生に満たないお子様は保護者同伴の場合のみ参加いただけます。

※希望者多数の場合は人数制限を行う場合があります。

8/6[土]、8/9[火]、8/11[木・祝]、8/13[土]、8/14[日]、8/16[火] 10:00-12:00/14:30-16:30 @1F 逍遥展示空間

桑田恵里 「Blooming Portrait Project-植物と写るポートレイトのWS-」

展示作家があなたのポートレイトを撮影!植物が体にからまった、不思議な胸像写真ができあがります。

※撮影では肩を出します。オフショルダーの洋服を持参いただくか着替えの貸し出しを行います。

※写真は展示室に展示され、後日持ち帰ることができます。

8/14[日]、8/21[日]、9/4[日]、9/11[日]、9/22[木・祝]、9/25[日] 10:00-/14:30- @3F 写真制作室 開始時間までに桑田恵里展示室(アートギャラリー3)までお越しください。※各回先着10名

参加費500円。

ぬQ 「かんたん!アニメーション制作」

思い思いの絵を描いてみよう。展示作家がその場でミニ・アニメーションを作り、あなたの絵が動き出します!

8/6[土]、8/20[土]、8/24[水]、8/28[日]、9/4[日]、9/18[日] 10:00-12:00/14:30-16:30 @2F アートギャラリー3

柳川智之 「色彩による相互作用を体験」

隣り合った色と色を変えていくことで、見え方はどのように変化するでしょうか?色と色の面積を変化させる体験をしてみよう。

8/27[土]、8/28[日]、9/10[土]、9/19[月・祝]、9/24[土]、9/25[日] 10:00-12:00/14:30-16:30 @2F アートギャラリー2

トーク・イベント

作家が展示作品について語ります。

※要観覧券。事前申込不要。ミニホールでのトークは定員40名、先着順となります。

アベキヒロカズ×松澤茂信(東京別視点ガイド)

9/24[土]13:00-14:00 @2F アートギャラリー3

大原崇嘉柳川智之

9/19[月・祝]13:00-14:00 @3F ミニホール

木戸龍介

8/13[土]13:00-14:00 @3F ミニホール

桑田恵里×畑中章宏(写真編集者)

8/28[日]13:00-14:00 @2F アートギャラリー3

ぬQ

8/7[日]13:00-14:00 @3F ミニホール

学芸員によるギャラリートーク

8/21[日]、9/4[日]、9/18[日]、9/22[木・祝] 各日とも15:00-

※要観覧券。事前申込不要。

ベビーカーツアー

9/15[木] 11:30-12:30
対象 0歳~未就学児の親子|定員 6組(要事前申込・先着順)
※要観覧券。
お申込み

※往復はがき、FAXでのお申し込みも受け付けます。

川崎市市民ミュージアム

〒211-0052 川崎市中原区等々力1-2(等々力緑地内)教育普及係宛
FAX:044-754-4533
往復はがき、FAXでのお申込みの方は、①住所、②氏名、③年齢、④電話番号、FAX番号(FAXでお申込みの場合)、⑤参加を希望するイベント名、⑥参加希望日を明記してください。

写真を撮ってシェアしよう〔写真撮影許可のご案内〕

本展では個人的に楽しむことを目的にしたものに限り作品の写真撮影可能です!SNSなどで作品の魅力をシェアしよう!
※以下の条件では撮影できませんのでご了承ください
× フラッシュ、三脚などのご使用|× 他の来館者の撮影|× 動画撮影

アーティスト

アベキヒロカズ|Hirokazu Abekiグラフィック/エディトリアル・デザイン

《works ~2013》2013年

《works ~2013》2013年

アベキヒロカズ

1979年、福岡県出身。東京造形大学メディア造形専攻アート・アンド・メディアテクノロジー・コース卒業。2002年から2010年までデザイン事務所に所属。2010年 アベキノデザインを設立。2012年 こまつ座「井上ひさし生誕77フェスティバル2012」アートディレクション、2013年 川崎市市民ミュージアム「新世代アーティスト展in Kawasaki セカイがハンテンし、テイク」選定グラフィック・デザイナー。情報編集という視点から、企業やプロジェクトのロゴをはじめ、多くの展覧会や劇場公演の宣伝美術、書籍のアートディレクション、デザインを手掛ける。2014年アメリカ・サンフランシスコに留学。

大原崇嘉|Takayoshi Ohara色彩・造形研究、映像

《Numerics》2012年

《Numerics》2012年

ampersand-img-ohara_prof

1986年、神奈川県出身。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業、東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。同大学院修了制作《Numerics》が最優秀賞を受賞。「MEDIA PRACTICE 2011-2012」が第16回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出(エンターテイメント部門)。共同制作の短編映画「八芳園」が第67回カンヌ国際映画祭(2014年)にノミネート。

木戸龍介|Ryusuke Kido彫刻、インスタレーション

《Ash-Eternal Future-》2014年

《Ash-Eternal Future-》2014年

ampersand-img-kido_prof

1984年、東京都出身。多摩美術大学彫刻科卒業、東京藝術大学大学院彫刻専攻修了。2008年から数々の国際展で展示を行い、2011年から東京、ベルリン、フィンランドなどでアーティスト・イン・レジデンスを行う。2012年ブルームバーグ・パヴィリオン公募大賞を受賞し、東京都現代美術館の同展に出展。トーキョーワンダーサイト本郷(2011年)やLIXILギャラリー(2014年)、ギャラリーコエグジストトーキョー(2015年)で個展を開催。

桑田恵里|Eri Kuwata写真、プラチナ・プリント

《共生/侵蝕》2013年

《共生/侵蝕》2013年

ampersand-img-kuwata_prof

1990年、東京都出身。日本大学芸術学部写真学科卒業、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修了。同大学院修了制作「re・unification」、副論文「19世紀の写真印画技法による作品制作に関する研究−プラチナプリント・ゴムプリントを中心に−」において、澤本徳美賞を受賞。「The Emerging Photography Artist 2014」(東京・インスタイル・フォトグラフィー・センター)ほかグループ展多数出展。現在、日本大学芸術学部写真学科助手として勤務。

ぬQ|nuQアニメーション

ampersand-img-nuq_fig

《カゼノフネ公園》2016年

ampersand-img-nuq_prof

1987年、東京都出身。アニメーション作家。修了制作のアニメーション《ニュ~東京音頭》が第18回学生CGコンテスト最優秀賞を受賞、第16回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出されるなど、国内外で上映多数。pixivZingaro(東京)や シブカル祭(バンコク)など国内外の展覧会で作品発表をしながら、チャットモンチーのミュージックビデオや、ローソンのキャンペーン広告などクライアントワークも手がける。

柳川智之|Tomoyuki Yanagawa色彩・造形研究

《Valeur〔Color Conversion〕》

《Valeur〔Color Conversion〕》2015年

ampersand-img-yanagawa_prof

1985年、愛媛県出身。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修了。2013年以降、大原崇嘉とともに「Valeur」プロジェクトを開始。科学研究費「ヴァルールの評価方法の確立と視覚表現」を共同研究。2015年「網膜思考」展(art space kimura ASK?P)などで作品を発表。


川崎市市民ミュージアム

※当館に専用駐車場はありません。なるべく公共交通機関をご利用ください。お車でお越しの方は等々力緑地内駐車場(有料)をご利用ください。