脚本家 荒井晴彦の仕事 嘘の色、本当の色

301000146000

★☆★-2021年1月・2月のオススメ商品-★☆★

1月26日は日本映画界の第一線で活躍する、荒井晴彦氏のお誕生日です!2019年に監督脚本を手掛けた「火口のふたり」は第93回キネマ旬報ベスト・テンにて、日本映画ベスト・テン第1位を獲得しています!荒井晴彦氏の映画に対する考えや、映画製作の裏側を知れる一冊です!

脚本家・荒井晴彦の全貌を探る。 2008年12月に当館で開催した特集上映「脚本家 荒井晴彦」の際に行われたトーク・セッションを元に、すべてのトークの採録を掲載。山田太一、内館牧子、寺島しのぶ、阪本順治による寄稿や、荒井晴彦自身の語り下ろし、映画『Wの悲劇』脚本初稿など、非常に読み応えのある一冊となっている。 雑誌「キネマ旬報」主催の「映画本大賞2012」のベストテンに選出された。

  • ページ数:324
  • 大きさ:15cm×21cm
  • 分類:その他
  • 出版年度:2011年度
在庫状態 : 在庫あり
¥1,570(税込)
数量