明治の面影・フランス人画家 ビゴーの世界 来日120年記念

301000029000

★☆★-2021年1月・2月のオススメ商品-★☆★

1882年(明治15年)1月26日に、ジョルジュ・ビゴーは来日しました。ビゴーの作品のひとつ、時局諷刺雑誌『トバエ』に掲載された「魚釣り遊び(漁夫の利)」は、多くの歴史教科書で紹介され知っている人も多いはず。諷刺画家としてだけでなく、銅版画家、報道画家、挿絵画家など多くの顔を持つビゴーの作品を、ぜひご覧になってみてください。

明治時代の風俗や風刺を数多く残したフランス人画家、ジョルジュ・ビゴーの大回顧展の図録。明治15年1月26日にビゴーは横浜へ来航し、その後17年余り日本に滞在した。日本および日本人をテーマに多数の油彩画・水彩画・銅版画・諷刺画・報道画などを描き、帰国後も日本通の画家・挿絵画家・漫画家として活躍した。日本を愛した作家の主要な作品を紹介。

  • ページ数:176
  • 大きさ:A4判 縦
  • 分類:図録
  • 出版年度:2002年度
在庫状態 : 在庫あり
¥1,047(税込)
数量