生誕百年記念 濱田庄司展

301000016000

★☆★-2021年1月・2月のオススメ商品-★☆★

近現代の日本を代表する陶芸家のひとり、濱田庄司。第1回の重要無形文化財保持者(人間国宝)に富本憲吉や荒川豊蔵らとともに認定され、1968年には、陶芸家として3人目となる文化勲章を受けました。1978年1月5日に益子にて没。享年83歳でした。

川崎ゆかりの陶芸家、濱田庄司の生誕100年記念として開催された展覧会の図録。川崎市の高津区溝ノ口に生まれた濱田庄司は、第一回の人間国宝への認定、文化勲章の受章をはじめ、数々の栄誉を受けながら「世界のハマダ」と称される偉業を成し遂げた。本書では、その力強い作品を紹介すると共に、陶芸家の河井寛次郎やバーナード・リーチらが濱田庄司について語った文面も掲載している。

  • ページ数:88
  • 大きさ:23cm×30cm
  • 分類:図録
  • 出版年度:1994年度
在庫状態 : 在庫あり
¥733(税込)
数量